GoPro用揺れ防止機材 Feiyu-Tech G4 其の1

2015年10月7日(水)
大阪府内某所にあるジンバル機材を開封。
その名も G4 FOR GoPro

おしゃれな箱。内部にはスポンジが入っておりそのままジンバルやバッテリーを収納できます。

おしゃれな箱。内部にはスポンジが入っておりそのままジンバルやバッテリーを収納できます。

読んで字のごとく今やアクションカメラの代名詞ともなったGoPro用ジンバル(揺れ防止)です。

GoProを装着。こうやって置くのが正しいそうです。

GoProを装着。こうやって置くのが正しいそうです。

漆黒のボディーに青い縞の入った落ち着きあるカラーリングに奇妙な形の
アンバランスさが見る者の興味をひきつけます。

スイッチを入れると今まで下を向いていたGoProが急に正面に!

スイッチを入れると今まで下を向いていたGoProが急に正面に!

流行りの自撮り棒を短くしたようなスタイル。
握り手に専用充電池を2本入れて使用します。
※4本の専用充電池が同梱されていました。

付属の取り付けネジ(黒色)を使えば背面LCDパネルを取り付けたまま使用可能です。

付属の取り付けネジ(黒色)を使えば背面LCDパネルを取り付けたまま使用可能です。

GoPro HERO3+BlackEdition (LCDタッチ バックパック装着) を取り付けて動かしてみました。
しかし開封直後だったので充電池に十分な電力を貯めることができず思うようには動きません。

棒の裏側のボタンを押せばスイッチのon・offが出来ます。

棒の裏側のボタンを押せばスイッチのon・offが出来ます。

気を取り直し充電池を10分ほど充電し(同梱の充電器を別売りモバイルバッテリーにUSBケーブルで接続)スイッチをオン!
数秒後、先っぽに取り付けたGoProが
「シュイーン」というモーt-ア音と共に瞬時に移動し地面と水平に!これには驚きました。

G4を動かしてもGoProレンズは正面を向いたまま。この不思議な感じは癖になります。

G4を動かしてもGoProレンズは正面を向いたまま。この不思議な感じは癖になります。

G4の機能を理解するにはまだまだ時間が足りませんが
英語と中国語(簡体字)でそれぞれ書かれた二つの説明書とにらめっこしたいと思います。

パッケージのGoProは最新のGoPro4BLACKです。

パッケージのGoProは最新のGoPro4BLACKです。

これから不定期にG4レポートを続ける予定なので皆さんご期待ください!

某オシャレ系カフェのテーブルに置いても違和感のないデザイン。

某オシャレ系カフェのテーブルに置いても違和感のないデザイン。

持ち手が短いので延長棒(別売り)が欲しいところです。

持ち手が短いので延長棒(別売り)が欲しいところです。

それではG4初体験の動画をご覧ください!
※画像をクリックするとYouTube動画につながります。

最後までご覧いただき感謝します!
記事の内容が気に入られたら下の
FACEBOOKやtwitterマークをクリックしてくださると嬉しいです!
ご意見ご感想などはページ上の「お問い合わせ」でお待ちしています。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2017 JOBBB All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?